建築士登録・閲覧REGISTRATION・VIEW

建築士登録・閲覧

建築士の登録・閲覧につきましては、以下の内容のご確認をお願いいたします。

一級建築士の登録・閲覧について

一級建築士の登録・閲覧につきましては、下記ホームページにて、内容のご確認をお願いいたします。

ホームページ -(公社)日本建築士会連合会「一級登録案内」

一級建築士名簿の閲覧について 一級建築士名簿 閲覧規則

一級建築士手続案内

受付日時 平日の9:00~16:30(土日祝及び年末年始を除く)
申請・閲覧窓口
(問合せ窓口)
(公社)大分県建築士会 本部事務局
〒870-0045 大分県大分市城崎町1丁目3番31号
富士火災大分ビル3階
TEL:097-532-6607
提出について ・窓口へ申請者本人が持参してください。
・申請はメール、FAXでは受付しません。
・書類不備、添付書類不足は受付できません。
申請書類の入手方法
及び注意点
・申請書のダウンロードは下記URLから(記入例あり)
http://www.kenchikushikai.or.jp/touroku/
・建築士会事務局でも申請書一式を置いています。
・手数料は申請前に指定口座へ振込を済ませてください。
(窓口で現金納付はできません)
・建築士免許をお持ちの方が亡くなられた場合は、戸籍法上の
届出義務者が「死亡届」を提出してください。
(建築士免許証も併せて返納すること)

*詳細は(公社)日本建築士会連合会の「一級登録案内」のページをご覧ください。
http://www.kenchikushikai.or.jp/touroku/

二級・木造建築士免許の登録等について

1.申請場所

(1) 二級・木造建築士免許登録等を行う事務所所在地及び連絡先
〒870-0045 大分市城崎町1丁目3番31号 富士火災大分ビル3F   
(公社)大分県建築士会事務局    
TEL:097-532-6607 FAX:097-532-6635  

(2) 登録事務等を行う時間及び休日 
   
・登録事務の時間:9時から16時30分(12時から13時まで除く)    
・休日
①日曜日及び土曜日         
②国民の祝日         
③お盆(8月13日から15日まで)        
④年末年始(12月29日から1月3日まで)

2.申請方法

(1) 原則として、本人が直接申請にくる必要のあるもの
①新規免許申請
②登録事項変更届・免許証書換え交付申請
③免許証再交付申請

(2) 代理者の申請又は郵送でもよいもの
①住所等の届出
②免許取消申請
③失踪宣告届
④死亡届
⑤精神機能の障害の届出
⑥建築士免許登録証明願

3.免許手数料等の振込先

●郵便局の窓口において「電信払込み請求書」にて振り込んでください。
※振込手数料は申請者の負担でお願いします。

振込金融機関 : 郵便局
口座記号 : 17210
口座番号 : 17717461
口座名義 : 公益社団法人大分県建築士会

●建築士免許登録証明願の手数料については、直接事務局での現金支払いが可能です。

4.申請等に必要な書類(二級建築士及び木造建築士 共通)

(1) 新規免許申請
・建築士試験に合格した場合

【申請に必要な書類】

□二級・木造建築士
免許申請書
大分県建築士法施行細則第1号様式

様式Word  様式PDF

氏名が住民票と同じであること
□にチェック、その他記入漏れのないこと
□本籍の記載のある住民票の写し(原本)
外国籍の場合は在留カード(写し)
又は特別永住証明書
発行日から6ヶ月以内でマイナンバーの記載のないものであること
□証明写真
(縦4.5cm×横3.5cm)2枚

(裏面に氏名、撮影日、県名 を記入)
6ヶ月以内に撮影したもの
1枚貼付、1枚持参
手数料振込証明書
「振替払込金受領証」 (原本) を貼付ける
【令和元年度以前の合格者】     【令和2年度以降の合格者】 
 手数料 〔19,300円〕    手数料 〔24,400円〕
様式Word  様式PDF
□合格通知書
(製図の合格通知書)
合格者名簿と照合して返却します
運転免許証等 本人確認ができるもの
二級・木造建築士
住所等届出書
大分県建築士法施行細則第8号様式

様式Word  様式PDF
卒業証明書等 必要な所要単位が記載されたもの

① 平成21年度以降に入学された場合
「指定科目修得単位証明書・卒業証明書」 (受験時・登録時のそれぞれの必要な実務年数が記載されてるもの)

② 平成20年度以前に入学された場合
「卒業証明書」 (専攻・コースによる告示認定校の場合は、その専攻・コース名が明記された卒業証明書)
実務経歴書及び実務経歴証明書 【実務経歴書】大分県建築士法施行細則第1号の2様式
※記入欄が不足する場合はWordで適宜枠を追加してください。

様式Word   様式PDF

※対象実務例示リスト、コード表(R2.2.29以前)

様式PDF

※対象実務例示リスト、コード表(R2.3.1以降)

様式PDF

※記入例【実務経歴書】

<建築物の設計>の場合

様式PDF

<工事監理>の場合

様式PDF

<施工の技術上の管理>の場合

様式PDF

【実務経歴証明書】大分県建築士法施行細則第1号の3様式
※記入欄が不足する場合はWordで適宜余白や行数等を調整してください。

様式Word  様式PDF

※記入例【実務経歴書】

<建築物の設計>の場合

様式PDF

<工事監理>の場合

様式PDF

<施工の技術上の管理>の場合

様式PDF

旧姓併記の確認書類(希望者のみ)  旧姓併記を希望する方のみ、旧姓が記載されている下記いずれかをお持ちください。
・戸籍謄本(抄本)(原本)
・住民票の写し(原本)
(上記の書類と同じで も可能)※
・マイナンバーカードのコピー
(マイナンバー が見えないようにカードカバーをした状態でコピーすること)※
※住民票の写し、マイナンバーカードは、旧姓併記の手続きを経て、旧氏欄に旧姓が入っているものに限ります。

詳細はこちら(総務省HP)

(2)登録事項変更届・免許証書換え交付申請
・登録事項(氏名・生年月日・性別)に変更が生じた場合。
●変更があった日から30日以内に届け出てください。
●旧免許証(免許証明書)と引換えに交付します。

【申請に必要な書類】

□二級・木造建築士
登録事項変更届・書換え交付申請書
大分県建築士法施行細則第4号様式

様式Word  様式PDF
□二級・木造建築士
住所等届出書
大分県建築士法施行細則第8号様式

様式Word  様式PDF
□本籍の記載のある住民票の写し(原本)
外国籍の場合は在留カード(写し)
又は特別永住証明書
発行日から6ヶ月以内でマイナンバーの記載のないものであること
□免許証(免許証明書)の写し 原本照合のため原本を持参すること
手数料振込証明書
「振替払込金受領証」 (原本) を 貼付ける
手数料 〔5,900円〕

様式Word  様式PDF
□証明写真
(縦4.5cm×横3.5cm)2枚

(裏面に氏名,撮影日、県名 を記入)
貼り付けずに持参してください。
6ヶ月以内に撮影したもの
運転免許証等 本人確認のため必要
旧姓併記の確認書類(希望者のみ)  旧姓併記を希望する方のみ、旧姓が記載されている下記いずれかをお持ちください。
・戸籍謄本(抄本)(原本)
・住民票の写し(原本)
(上記の書類と同じで も可能)※
・マイナンバーカードのコピー
(マイナンバー が見えないようにカードカバーをした状態でコピーすること)※
※住民票の写し、マイナンバーカードは、旧姓併記の手続きを経て、旧氏欄に旧姓が入っているものに限ります。

詳細はこちら(総務省HP)

(3)免許証再交付申請
・免許証又は携帯型免許証明書を汚損・亡失した場合。
・携帯型免許証明書の写真を変更する場合。
・免許証を携帯型免許証明書に変更する場合。
・建築士免許証の汚損・亡失による再発行、及び賞状タイプ(A4)からカード型免許証明書への切換を希望する場合。
※申請者が紙の免許証を手元に残したいという場合は、知事印の位置に事務局が 「携帯型へ切替済」 のスタンプを押して
返すことができます。
●失った免許証(免許証明書)を発見した場合は、10日以内に建築士会へ提出してください。
●免許証を携帯型免許証明書に変更する場合は、「汚損又は亡失の理由」欄には、「携帯型免許証明書に変更のため」と記入し
てください。
●再交付申請及び受領を代理者が行う場合について、原則は再交付申請時または再交付時に本人確認(面接)を行うが、
やむを得ない場合のみ代理者が申請及び受領を行う場合は、委任状(再交付用)を持参すること。
※委任者の押印については、印鑑証明書の添付を要する。

【申請に必要な書類】

□二級・木造建築士
免許証再交付申請書
大分県建築士法施行細則第5号様式

様式Word  様式PDF
□汚損した免許証(免許証明書) 亡失の場合は必要なし
□免許証(免許証明書)の写し 携帯型免許証明書に変更する場合は、原本照合のため原本を持参すること
□証明写真
(縦4.5cm×横3.5cm)2枚

(裏面に氏名,撮影日、県名 を記入)
貼り付けずに持参してください。
6ヶ月以内に撮影したもの
手数料振込証明書
「振替払込金受領証」 (原本) を 貼付ける
手数料 〔5,900円〕

様式Word  様式PDF
運転免許証等 本人確認のため必要
□委任状 委任者の印鑑証明書を添付
印鑑証明書にある印鑑を押印のこと

様式Word  様式PDF

5.免許証明書の交付

免許申請より約2ヶ月後に、「免許についてのご連絡(免許証明書交付通知ハガキ)」 が自宅に郵送されます。ハガキが届きましたら以下の必要書類を用意のうえ、大分県建築士会まで受領のためおいでください。
なお免許登録事項の確認のために原則本人の受領としますが、やむを得ない場合は、代理人でも可能です。

免許証明書の交付について

本人受領の場合

□免許証明書交付通知ハガキ

□印鑑(受領印)

□運転免許証等(本人確認ができるもの)

□旧免許証又は免許証明書(新規の場合は不要)

代理人受領の場合

□免許証明書交付通知ハガキ

□印鑑(代理人の受領印)

□委任状

様式Word  様式PDF

□代理人の運転免許証等(本人確認ができるもの)

□旧免許証又は免許証明書(新規の場合は不要)

6.その他申請・届出

(1) 住所等の届出
・住所や勤務先が変更した場合。

【申請に必要な書類】

□二級・木造建築士
住所等届出書
大分県建築士法施行細則第8号様式

様式Word  様式PDF
□運転免許証等 本人確認のため必要

(2)免許取消申請
・免許の取消しの申請をする場合。

【申請に必要な書類】

□二級・木造建築士
免許取消申請書
大分県建築士法施行細則第6号様式

様式Word  様式PDF
□免許証(免許証明書)
運転免許証等 本人確認のため必要

(3)失踪宣告届
・失踪の宣告を受けた場合。

【申請に必要な書類】

□二級・木造建築士
失踪宣告書
大分県建築士法施行細則第7号様式

様式Word  様式PDF
□免許証(免許証明書) 返却のこと
□届出義務者の運転免許証等 届出義務者であることの確認のため必要

(4)死亡届
・死亡の連絡があった場合。死亡の事実を知った日から30日以内に免許証(免許証明書)を添えて届出すること。

【申請に必要な書類】

□二級・木造建築士
死亡届
様式Word  様式PDF
□住民票(除票)の写し 発行の日から 6 か月以内のもの
□二級・木造建築士免許証(免許証明書) 原本
□届出義務者の運転免許証等

(5)精神機能の障害の届出
・精神機能障害に該当する状態になった場合の届出

【申請に必要な書類】

□精神機能の障害の届出 様式Word  様式PDF
□医師の診断書 医師の診断書
□届出義務者の運転免許証等 届出義務者であることの確認のため必要

7.建築士免許登録証明願

・ 「登録証明書」の発行を希望する場合
・ 二級・木造建築士の免許登録証明が必要な場合
証明のできる事項は次の事項です。
①氏名
②生年月日
③登録番号
④登録年月日

●証明書の郵送を希望される方は、返信用切手を貼り送付先を記入した封筒を願い出時に、
事務局まで提出してください。
●建築士免許登録証明願の手数料については、直接事務局での現金支払いが可能です。
部数:正2部

【申請に必要な書類】

□証明願 様式Word  様式PDF
□手数料振込証明書
「振替払込金受領証」(原本)を貼付ける
手数料 〔400円〕

様式Word  様式PDF

二級・木造建築士の閲覧について

二級・木造建築士の閲覧については、下記データをダウンロードしてご確認ください。

二級・木造建築士名簿の閲覧について 二級建築士名簿及び木造建築士名簿閲覧規定
建築士閲覧申請書
ダウンロード
ダウンロード
üPAGETOP